AIで守り、AIを守る

ChillStack

私たちは、「世界中の人が安心して新たなサービス・技術を作り、提供し、利用できる社会」を実現するため、世界最高のAIセキュリティ技術を開発・提供しています。

世界最高レベルのAIセキュリティ技術を保有する企業として、既存のサイバーセキュリティ技術をAIで進化させ、さらにはAI自身を含めた新しい技術を守り、社会の発展を加速させるよう実現できるように貢献してまいります。

Services

世界最高水準の不正ユーザ検知システム

Stena

オンラインゲームのチート・BOTなどの不正ユーザをログから自動検知するサービスです。1タイトルあたり平均約8000件/月の不正ユーザを検知し対処しています。

製品ページ

Web脆弱性診断

Web脆弱性診断では、Webアプリ開発経験者がお客様のWebアプリケーションに対して脆弱性診断を行います。診断後、レポート送付の他にオプションとして報告会を行うことができます。また、診断中に緊急度の高い脆弱性が発見された場合速報としてお知らせいたします。

お問合せ

AIセキュリティ研究開発

AIに対するサイバー攻撃は既存のセキュリティとは根本的な仕組みがことなるため、新たなセキュリティ機構が必要になります。AIを守るための技術や安全に利用できる環境を日本トップレベルの研究チームで研究・開発を進めています。AIを利用したサービスのセキュリティについて、お気軽にご相談ください。

お問合せ

Board Members

伊東 道明

代表取締役
Chief Executive Officer

AIセキュリティを専門とした研究で数々の成果を上げ、現在はセキュリティ講師として人材育成にも貢献している。英語、中国語でのコミュニケーションが可能。

主な活動歴
・Cpaw 創設・元代表
・セキュリティコンテスト SchoolCTF2015 優勝
・ICTトラブルシューティングコンテスト 運営委員・作問リーダー
・SECCON2017 NOC運営
・IEEE CSPA2018 Best Paper Award 受賞
・セキュリティ・キャンプフォーラム2018 最優秀賞受賞
・公益財団法人クマ財団 第2期生
・セキュリティ・ネクストキャンプ2019 講師

新井 颯人

取締役
Chief Experience Officer

デザイナーとしてICTトラブルシューティングコンテストの運営に携わる。在学中は機械学習分野の研究を行い、IEEE EMBC2018にて情報の次元圧縮技術に関する論文を発表。

あらゆる分野で独学から実用レベルに昇華させる計画力と持続性は高く評価されており、大学在学中に初めたゲーム開発分野では数年のうちにプランナー、シナリオライター、イラストレーターとしての業務を経験するまでに成長した。

時間管理と進捗整理能力に長けており、開発、デザインのほか、会社全体のタスクマネジメントも行ってる。

谷 洋樹

取締役
Chief Technology Officer

大学在学中に数々のベンチャー企業や楽天をはじめとする大手企業の開発インターンを経験し、iOSアプリ、バックエンド、インフラ全ての開発運用経験を持つ。

人工知能を用いた植物病害児童診断システムを研究開発し、IEEE AIPR2018にて論文を発表。HackU 法政2018では顔認証決済搭載の自動販売機を設計開発し、最優秀賞を受賞した。

ビジネスに対する好奇心が強く、取引先の重役とも積極的に関わりアドバイスを求めるなど、即断即決の行動力と向上心が魅力。

茶山 祐亮

取締役
Chief Administrative Officer

16歳まで5カ国以上の様々な文化に触れながら育ち、英語やロシア語などの複数の言語を扱う。世界中の貧富の差や人種差別などの社会問題を肌で体験し、多様性のある文化に非常に関心が強い。

在学中は医療分野の最高峰であるJohns Hopkins Universityの放射線科医と共同研究を行い、脳の異常を発見する人工知能の開発に従事し、研究成果をIEEE EMBC2018にて発表した。

データ分析の業務経験を活かしデータサイエンティストとして貢献する傍ら、“株式会社”の様々な業務に強い関心を持ち、会計や労務全てを管理し会社を支えている。

Company

会社名

株式会社ChillStack
ChillStack, Inc.

所在地

〒151-0053
東京都渋谷区代々木一丁目54番地4号 YS2ビル 3F

創業

2018年11月

代表者

代表取締役 伊東 道明

事業内容

- AIを用いた自動不正ユーザ検知システムの開発・提供
- アプリケーションの脆弱性診断やセキュリティコンサルティング
- AIを守るセキュリティ技術の研究開発

Support

Blog